ディープキス 接吻

フレンチキスの誘い方

 

少し良いムードになってきた、そう感じたなら あなたがすることはただ一つ、ボディタッチです。

 

ボディタッチはうまくいけば彼女との距離を縮め彼女に性的な興奮を与えます。

 

何かの折に彼女にボディタッチし あなたに対する彼女の反応を見てください。

 

そして、行けそうなら どんどん積極的に触れるようにしましょう。

 

もし、手を握る、髪を触る、肩を抱く、腰に手を回す、などしてもいい感じのムードが変わらないようならキスをしてもいいタイミングと言えるでしょう。

 

いよいよキスに持ち込みます。

 

まずアイコンタクトじっと彼女は目を見つめてください。

 

その間一瞬だけ唇を見て、相手にキスしたいということを伝えます。

 

もし相手が嫌がるようなら、急に明るい話題を振ってきたり その場を離れたりするはずですので、この時点で相手が何もアクションおかなければキスして OK です。

 

そして、彼女の髪を撫で耳の後ろ(性感帯があります)を撫でてください。

 

髪を撫でる仕草とアイコンタクトは同時進行が望ましいです。

 

アイコンタクトをしながら髪を撫で始めればいいでしょう。

 

ここで「じらし」を使ってください。

 

いきなりキスするのではなくて、耳の後ろを撫で、見つめ合う時間を少し長めにとってほしいのです。

 

そうすることで 女性は何の期待感を高めよりキスで感じやすくなるのです。

 

そして、女性は待ちきれなくなり目をつぶったところでキスをします。

 

これで彼女のボルテージを格段に止めることができます。

 

フレンチキスのテクニック

 

 

フレンチキスのテクニックをで具体的なフレンチキスのテクニックに移ります。

 

あなたは今、彼女の耳の後ろの性感帯を撫でながら見つめ合っています。

 

そしたらチュッと唇が軽く触れ合う程度の短いキスをして一度顔を離してください。

 

キスをする時はあまり唇に力を入れる軽く開く程度が望ましいです。

 

また、軽いキスをして一旦顔を離した時も耳の後ろを撫でるのを止めないでください。

 

これは「まだ終わっていないよ」という意思表示にもなります。

 

目を閉じていた彼女が目を開くともう一度見つめ合ってください。

 

これも「焦らし」です。

 

彼女の期待感を高めロマンチックな気持ちにさせます。

 

そして、もう一度フレンチキスをします。

 

今回はさっきのキスよりも少し長い時間キスをします。

 

まず自分の唇と相手の唇が絡み合うよう、相手の上唇にキスをし間髪入れずに下唇にキスをします。

 

唇を挟む感じです。

 

そして、また顔を離しますが…手は休みません。

 

ここで また見つめ合います。

 

これは凄くマッチロマンチックですよ。

 

でも唇を重ねたまま長い時間を楽しむのが好きな人もいますので、それは人それぞれでいいと思います。

 

ただ、いきなりそれをするのではなく初めに軽いキスをして顔を離して見つめあって焦らすというステップを踏んでください。

 

そうすることで、女性はキスをキスでより感じやすくなるからです。

 

全体の流れはこんな感じ↓

 

見つめ合い彼女が目をつぶる、またはキスしてほしいというアイコンタクトを送ってくる

 

唇が軽く触れ合う程度のキスをする。

 

顔を離して見つめ合う50というリズムでキスをするまたは自分の好きなスタイルでフレンチキスをする

 

顔を離して見つめ合うなら彼女が口を開けでディープキスをしてほしいというような顔をする。

 

または目がうっとりしそうしてきてディープキスをするような雰囲気になればディープキスに移る。

 

または一度彼女を抱き寄せてみて、またすぐに話彼女が抱きついてきたり もっとキスをしたそうならディープキスに移る。

 

こういう流れにするのが一番良いと思います。

 

これは女性のボルテージを上げて気分が盛り上がり、とてもロマンチックです。

 

女性は基本的にロマンチックなことが好きですので、ムードのないキスは絶対にしないようにしましょう。